2021年8月13日 • ☕️ 4 min read

経緯はMacOS 10.15 CatalinaをParallelsにインストールご参考ください。

今回は無料のVMwareにCatalinaをインストールする方法をご紹介します。

TL;DR

Parallelsと比べると、多少面倒なんだけど、無理な作業ではないです。手順として、AppStoreからCatalinaをダウンロードし、コマンドラインでisoファイルを生成し、VMwareでインストールすることとなります。VMware Fusion Playerが個人ライセンスのみ無料となり、商用ならライセンスを買った方がいいかもしれません。

VMwareをインストール

  1. まずダウンロードページにアクセスしてください。

    たまにhttps://www.vmware.com/jp/try-vmware.htmlにリダイレクトされることがあり、secret windowで下記のリンクをアクセスことがお勧めです。

    https://my.vmware.com/web/vmware/evalcenter?p=fusion-player-personal

    この画面が表示されたらOKです。

    download_vmware_1.png

  2. アカウントを作成

    ダウンロードページのCreate an Accountを選んで、アカウントを作ってください。かなり煩雑ですが、無料なので、我慢しながら画面の指示通りにやりましょう。

    download_vmware_2.png

  3. メールアドレスの確認が完了した後ログインすれば、ダウンロードできるようになる

    個人ライセンスも発行されますね。

    download_vmware_3.png

画面の指示通りにインストールすればいいなので、割愛します。

Catalinaをダウンロード

  1. Appleの以前のバージョンの macOS を入手するページに、「Mac の Safari を使って macOS をダウンロードする」欄の中のmacOS Catalina 10.15をクリックしてダウンロードしましょう。

    download_macos_catalina_1.png

  2. App Storeを開くをクリック

    download_macos_catalina_2.png

  3. update -> ダウンロード

    download_macos_catalina_3.png

    download_macos_catalina_4.png

  4. ワーニングを無視して終了

    download_macos_catalina_5.png

VMwareに使えるisoファイルへ変換

  1. Catalinaが存在することを確認 LaunchPadの中に確認してください。

    transform_to_iso_1.png

    あるいは下記のコマンドでも

    # ls /Application/Inを入力し、Tabを押せば出てくるはず
    ls /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/
  2. 空のイメージを作成し、マウントする

    # イメージ作成
    hdiutil create -o /tmp/Catalina -size 8500m -volname Catalina -layout SPUD -fs HFS+J
    
    # mount
    hdiutil attach /tmp/Catalina.dmg -noverify -mountpoint /Volumes/install_os
  3. インストールイメージの中身を作ったイメージへコピー

    macOS の起動可能なインストーラを作成する方法を参考しました。

    sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/install_os --nointeraction
  4. アンマウントし、中身のコピー済のdmgファイルをisoへ変換

    # unmount
    hdiutil detach /volumes/Install\ macOS\ Catalina
    
    # 直接拡張子isoのファイルを出力できないため、cdrへ出力
    hdiutil convert /tmp/Catalina.dmg -format UDTO -o /tmp/Catalina.cdr
    
    # isoへリネームし、Desktopへコピー
    mv /tmp/Catalina.cdr ~/Desktop/Catalina.iso
    
    # 不要なdmgファイルを削除
    rm -rf /tmp/Catalina.dmg

CatalinaをVMwareにインストール

  1. 「ディスクまたはイメージからインストール」

    install_macos_catalina_1.png

  2. 「別のディスクまたディスク イメージを使用…」

    install_macos_catalina_2.png

  3. 作ったCatalina.isoを選んで、「Apple OS X」 -> 「macOS 10.15」を選択したら、後は普通のMacOSのインストール手順で行えばいいです

    install_macos_catalina_3.png

    install_macos_catalina_4.png

完了

ちょっと面倒ですね。もっと簡単な方法なら、MacOS 10.15 CatalinaをParallelsにインストールをご参考ください。


関連投稿

MacOS 10.15 CatalinaをParallelsにインストール

2021年8月12日

ThunderMiracle

Blog part of ThunderMiracle.com