2021年9月12日 • ☕️ 4 min read

TypeScriptのDIライブラリの検証を続けていきたいです。今回はTypeDIを使ってみようと思います。

※ DI(dependency inject依存性注入)の説明は割愛します。必要があればwikipediaをご覧ください。

シリーズ一覧

  1. TypeScriptのDI、その壱:InversifyJS
  2. TypeScriptのDI、その貮:TSyringe
  3. TypeScriptのDI、その弎:TypeDI
  4. TypeScriptのDI、その肆:nestjs ←← ここ
  5. C# .NetFrameworkのDI

目的

C# .netと同じように、interfaceconstructorのDIが望ましいです。具体的なやり方と理由は最後のその5で説明します。

nestjs

非常に有名なnodejsのprogressiveフレームワークとなります。DI機能を内蔵しているフレームワークとなり、DIライブラリとして使うとデカすぎる気がしますが、nestjsのDI設計思想を確認する価値が十分あると思います。

https://github.com/nestjs/nest

実装方法

interfaceと実装classの実装方法はInversifyJSとほぼ同じとなります。(小文字大文字ぐらい)

  1. まずinterfaceと実装部分を定義し、実装部分にdecoratorを使ってDIできるclassを明記します。
ProjectService.ts
import { Injectable } from '@nestjs/common';

export interface IProjectService {
  getProject(id: string): Promise<Project>;
}

@Injectable()export default class ProjectService implements IProjectService {
  async getProject(id: string): Promise<Project> {
    console.log(`getProject: ${id}`);
    return new Project(id, `project_name_${id}`);
  }
}
  1. TypeScriptのinterfaceはC#と違って、reflectionでinterfaceからpropertiesなどを取れないため、interfaceでinjectできるように、bindingはtoken形式で行わなければいけません。まずtokenを定義しましょう。
types.ts
export const TYPES = {
  EmployeeService: Symbol.for('EmployeeService'),
  ProjectService: Symbol.for('ProjectService'),
}
  1. そして、inject先のclassのconstructorにDIします。

簡単にいうと、ここのtoken(TYPES.EmployeeService -> Symbol)はキーとして、containerから実装classを特定し、instance化しています。

EmployeeService.ts
import { Injectable, Inject } from '@nestjs/common';
import { IProjectService } from './ProjectService';

export interface IEmployeeService {
  getEmployee(id: number): Promise<Employee>;
}

@Injectable()export default class EmployeeService implements IEmployeeService {
  public constructor(
    // `@Inject(TYPES.ProjectService)`はtoken形式で`IProjectService`の実装classをinjectする
    @Inject(TYPES.ProjectService) private _projectService: IProjectService,  ) {}

  async getEmployee(id: number): Promise<Employee> {
    console.log(`getEmployee: ${id}`);

    // inject成功!!使える!!
    const project = await this._projectService.getProject(`proj_id_${id + 1}`);

    return new Employee(
      id,
      `dummy_name_${id}`,
      project,
    );
  }
}
  1. interfaceと実装classのbindingを行います。

ステップ3でinjectしたIProjectServiceはinterfaceで、どの実装classを指しているか指示する必要があります。

nestjs.config.js
import { Module } from '@nestjs/common';
import ProjectService from './services/ProjectService';

@Module({
  providers: [
    {
      provide: TYPES.ProjectService,
      useClass: ProjectService,
    },
    {
      provide: TYPES.EmployeeService,
      useClass: EmployeeService,
    },
  ],
})
export class AppModule {}
  1. トップclassにtypedi.config.jsをimportすれば完了となります。
app.ts
// metadataとるためのpolyfill
import 'reflect-metadata';
import { NestFactory } from '@nestjs/core';
import { AppModule } from './nestjs.config';
import { IEmployeeService } from './services/EmployeeService';

async function main() {
  // standaloneAPPを作成して立ち上げる
  const appContext = await NestFactory.createApplicationContext(AppModule);  const employeeService = appContext.get<IEmployeeService>(TYPES.EmployeeService);
  const employee = await employeeService.getEmployee(12);
  console.log(JSON.stringify(employee, null, 2));

  await appContext.close();
}

void main();

感想

TypeScriptの各DIライブラリと同じ問題を抱えているフレームワークとなります。ライブラリとしてオーバーヘッドがでかすぎでお勧めでしないが、nestjsを導入したらぜひ使いたいですね。

サンプルプロジェクト:

https://github.com/thundermiracle/di-typescript/tree/master/projects/nestjs-token


関連投稿

C# .NetFrameworkのDI

2021年9月13日

TypeScriptのDI、その弎:TypeDI

2021年9月12日

ThunderMiracle

Blog part of ThunderMiracle.com