October 31, 2011 • ☕️ 2 min read

確かに、GUIを利用してSqlServerをインストールすれば、直感的な操作で誰でも簡単にインストールできます。 しかし、複数のPCに同じSqlServerの環境構築する場合、全てのPCにすべての画面に同じく「次へ」を一つずつクリック、同じ設定を繰り返すのがうんざりでしょう! コマンドラインにより、自動的にサイレントインストールが必要となります。 じゃ、始まりましょう!

STEP1

SqlServer2008 R2 RTMをダウンロードする。https://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=967225EB-207B-4950-91DF-EEB5F35A80EE

sqlserver_step1

STEP2

直接実行しないでください!!WindowsCommandを開いて、下記のコマンドを実行してください。

f:\>SQLEXPRWT_x86_JPN.exe??/UIMODE=Normal /ACTION=INSTALL

sqlserver_step2 sqlserver_step3

STEP3

Environment検査が正常に終了できたら次のステップへ。

sqlserver_step4

STEP4

画面の説明に従って次へをクリックしてください。

sqlserver_step5 sqlserver_step6 sqlserver_step7

STEP5

左側「インストールの準備完了」の項目がなければ、STEP2からやり直してください。

sqlserver_step8

STEP6

インストールパス、インスタンスの名前などを画面の表示によりご自由に設定してください。

sqlserver_step9 sqlserver_step10 sqlserver_step11 sqlserver_step12 sqlserver_step13 sqlserver_step14

STEP7

「データベースエンジンの構成」を「混合モード」にお選びください。

サンプルとして、パスワードをmypassに設定します。

sqlserver_step15

STEP8

構成ファイルパスから、ConfigurationFile.iniのパスをコピーしてください。その後「キャンセル」を押してください。

sqlserver_step16

STEP9

ConfigurationFile.iniを下記のように編集してください。

  • QUIETSIMPLE=FALSE ? -> ?QUIETSIMPLE=TRUEに()完全に画面を見えたくなければ、QUIETをTRUEに変更してください。僕は一応プロセスを見たほうが安心ですね。
  • UIMODE="Normal"をコメントアウト
  • SQLSYSADMINACCOUNTS="*****"をコメントアウト(ADDCURRENTUSERASSQLADMIN=“True”だからこの行はいらない)
  • SECURITYMODE="SQL"の下にSAPWD="mypass"を追加してください。(混合モード対応)

sqlserver_step17 sqlserver_step18

STEP10

下記のコマンドを実行すれば、自動インストールが走ります。終わり~

f:\>SQLEXPRWT_x86_JPN.exe /ACTION=INSTALL /ConfigurationFile=f:\ConfigurationFile.ini /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

sqlserver_step19


Blog part of ThunderMiracle.com